今すぐ2万必要iu02※カードローンで即日少額借りるコツ

少額融資は消費者金融がベスト

2万円を今日中に欲しい時、一番に頼れるのは消費者金融です。
少額融資画希望なら、消費者金融がお勧めの理由について解説します。

 

即日融資が可能なカードローン

プロミス

プロミスなら即日融資に対応していて審査時間は最短30分!
webで最短1時間融資も可能です。
さらにweb完結で郵送物もなくカードレスで利用ができます。
プロミスの利用が始めてなら30日間、利息ゼロ。
30日の無利息は借りた翌日から適用になるので、いざという時のために契約をしておいても無利息期間を無駄なく使えます。
お給料日まで少し足りない時に、利息なしですぐに借りることができます。

button_official  
 

アイフル

自分にピッタリの借り方を探していませんか。そんな人には大手消費者金融のアイフルがお勧めです。
アイフルは自分にピッタリな借り方を診断してくれます。
とにかく急いで融資を受けたい、WEBだけで完結したい、あまり人と話したくない、どのパターンでもあなたに合った借入方を診断してくれます!
はじめての利用者には無利息期間30日間サービスも付いてコスト面でもお得!
自分にピッタリの借り入れがどこかわからず、探している人はアイフルがおすすめです。

button_official  
 

SMBCモビット

モビット

webで申込なら10秒簡易審査。
借りられるかどうかがすぐにわかります。
本審査完了までは最短30分。
さらにはweb完結の利用なら電話連絡もなく、カード発行もありません!
契約後すぐにパソコン・スマートフォンなどから振込キャッシングを受けることができます。
旅行先のような慣れない場所でも、外出できない時でも、スピーディに借りられるのがSMBCモビットです。

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
button_official  
 

少額を消費者金融で借りる理由

少額の借り入れなら収入証明不要

貸金業法では、1社で50万円、または他社と合わせて100万円の貸付を行う場合は収入証明書の提出が必要です。
収入証明書は源泉徴収票など、昨年度の年収を証明する書類です。
自宅にいなくて出先から直ぐにお金を借りたいとき、そんなもの直ぐには用意できませんよね。

初めての借り入れで他からお金を借りた事の無い利用者は、収入証明の提出義務が無くなります。
審査で必要なのは免許証などの本人確認書類だけ。その他の本人確認資料や身分確認資料は要りません。

審査に係る負担を大幅に減らす事ができます。

審査終了は申し込みからおおよそ1時間

大手消費者金融のキャッシング審査スピードはとても速くなっています。
ネットから申し込みをして融資が出来るかの判断は30分、在籍確認や信用情報機関のチェックまでは1時間で終了。
申し込みから融資金の受け取りまでの平均は1時間程度です。
直ぐに欲しい人のニーズに答えてくれます。

消費者金融は融通を利かせてくれる

職場が休みで在籍確認の電話が受けられないという事があると思います。
そんな時、消費者金融は他の証明書で在籍確認を行ったり、休み明けに在籍確認の電話をするとして先に融資を渡してくれたりします。

バイトや派遣といった非正規労働者への間口も広く審査通過率も銀行より高いです。
融通が利くのは消費者金融の特徴です。
中小消費者金融ならより融通を利かせてくれるでしょう。

初回借入の無利息期間も魅力

消費者金融会社の利息は高いと思っていませんか。
大手消費者金融は初めての利用者に対して無利息期間を用意してくれています。
実質の支払コストは下がるので、あながち消費者金融が高いとは言えません。

 

深夜10時までが営業時間

消費者金融は残念ながら24時間対応ではありません。
自動契約機も深夜10時くらいに閉店します。それ以降は翌日以降の審査開始です。
審査に必要な営業時間を考えて、余裕を持って申し込みしましょう。

 

銀行カードローン会社は避ける

銀行カードローンも一昔前はとても人気でした。
しかしながら、最近の銀行カードローンは「とにかく急いで融資が欲しい!」ニーズに対応できなくなっているようです。

 

銀行は即日融資に対応していない

銀行は2018年1月から即日融資に非対応となっています。
何でこうなったかと言うと、簡単に言うと「金融庁に怒られた」からです。

銀行カードローンは今まで銀行本体で審査を行わず、保証会社任せになっていました。
保証会社任せを禁止され、銀行本体でも審査するようになったので時間がかかります。
即日融資を受けたいなら、銀行カードローンは避けてください。

 

少額の借り入れは金利低くてもお得にならない

「銀行カードローンの方が金利は安いからなぁ」と感じていませんか。
少額の借り入れは、金利が低くても微々たるものです。
2万円の金利18%と14.5%の差は、年間で700円、1か月あたりだと単純計算で約58円にしかなりません。
即日融資も出来ないし、消費者金融の方が圧倒的にメリットが多くなります。

 

土日祝日に対応していない事も

銀行カードローンの中には、土日祝日審査の申し込みは出来ても、審査を行っていないところがあります。
その他、融資を受ける為にカードの郵送を待たなければいけない銀行も。
融資金を急いでいるなら銀行カードローンは止めて消費者金融を選択しましょう。

 

深夜にどうしてもお金が欲しくなった時は

消費者金融の唯一の欠点は、深夜は流石に審査を休んでしまう部分です。
金融機関全てが深夜には営業はしていません。
深夜にお金が欲しくなった時はどうすればいいのでしょうか。
解説します。

 

クレジットカードのキャッシング機能を見直そう

あなたはクレジットカードを持っていませんか。
そのクレジットカードにキャッシング機能は設定されていないか確かめてください。
クレジットカードは申し込んだ際に、頼んだ記憶が無くてもキャッシング機能が設定されている事があります。
キャッシング機能が付いていたら、コンビニATMに挿し込めば引き出せることも。
深夜にお金に困った時は、是非見直してみてください。

 

クレジットカード現金化はやってはいけません

深夜にお金が欲しい時、クレジットカード現金化の買取業者サイトや金券ショップを使った換金方法が良く出てきます。
このサイトや方法は利用しない方がいいでしょう。
詐欺サイトや上手くいかない事も多いですし、何より現金化を禁じたクレジットカード会社の規約に違反します。
この場合はあきらめる事も選択肢の一つです。

 

転ばぬ先の杖としてカードローンに契約しておく

現金が必要な時は何時起こるかわかりません。
転ばぬ先の杖として、カードローンに契約しておくというといいでしょう。
本当に困った時に頼りになります。